国鉄型@晴天順光。

KUMOYA.com管理人ブログ。85%の出来を!

 

宮原留置の青103系、クモヤサンドで吹田へ。

昨年12月に網干総合車両所 宮原支所に回送されて以降、ずっと留置されていた103系HK602編成が6日早朝、吹田本所へ回送されました。

検査切れだったのか、クモヤ145に挟まれての輸送でした。
このまま吹田で解体でしょうか。

(←吹田/写真先頭)クモヤ145-1001+103系HK602編成(6連)+クモヤ145-1003
クモヤ145-971s
2017.12.6
@北方貨物線 宮原操~吹田貨
(東淀川)

極めて短い運転区間。変に撮影地を考えないで、東淀川へ。
暗いので1/200でカメラを振って撮影。それでもISO6400まで上がりました…。

6両編成で阪和線を走っていたHK602。見慣れた113系2連のクモヤサンドと違い、やたら長く感じますね。

続きはこちらから↓


 

今のうちに16000系の旧塗装を収める。

日曜日、久々に近鉄を撮影してきました。
(一時、ハマりそうだと言っときながら一年ぶりの撮影(笑))

目的は南大阪~吉野線で見られる古参車16000系列で、もともと編成数が少なく、すでに何本か新塗装になったようなので、早めに収めたい車両でした。

Kintetsu16000-1s.jpg
2017.12.3
@近鉄南大阪線 尺土~高田市

で、午前下りの光線がよさそうな↑で一本ゲット…したはいいんですが、この1時間ほど前に阿倍野方面へ旧塗装の4+2が通過。草がボーボーだったので撮る気にならず、呆然と眺めるだけでした。しかも数日後、このうちの2連が入場したとか。なんというタイミングの悪さ(笑)

とはいえ、この日は「奈良世界遺産フリーきっぷ」を買っちゃったので、気を取り直して撮影続行。

続きはこちらから↓


 

201系トタH5編成 05H青梅特快

ブログ5周年ということで、お決まりで201系H5編成の写真を。

当時、05、07、09Hは土日のホリ快でした。土日に撮影することが多かったので、平日の05H青特というのはかなり新鮮だったり。

201-723s2.png
2008.2.22
@青梅線 羽村~福生

場所は福生駅の目の前にある踏切です。広くはないのですが、絶妙なスペースに加え障害物がなく、まさにお誂え向き!第三、四種踏切を除けば三本の指に入る撮りやすさだったんですが、まあ、もう行くことはないでしょう…。

 

クモヤ145-1003+1001 from舞子海上プロムナード

11/13、クモヤ145-1003+クモヤ145-1001が、西明石から吹田へ回送されました。9日にクモヤ145-1109の本線試運転および出場回送の伴走を務めており、土日をはさんで所属先へ戻りました。

今年はクモヤ145がよく網干方面へ行くので、なるべく海と絡めたいと思っていました。8月に朝霧、10月に塩屋で撮影し、もうひとつ気になっていたのが今回のポイント。

クモヤ145-966s
2017.11.13
@JR神戸線 舞子~垂水

場所は舞子駅から徒歩5分ほどの「舞子海上プロムナード」というところで、入場料250円で海上散歩が楽しめます。

5D4_7672s.jpg

↑エレベーターで8Fに上がると、こんな順路が登場。
今回、撮影した場所は展望スペースの窓越しですが、径の小さなレンズがあればここからも撮影できそう。

続きはこちらから↓


 

(まさかの)クモヤ145+クモル145+クル144+クハ111。

9日の上郡俯瞰の帰り道、網干から新快速に乗ってようやく向日町付近に差しかかったところ、113系とクルクモルが連結している場面に遭遇。気になったので翌朝訪れると、なんとクモヤ145-1051+クモル145-1015+クル144-15+クハ111-7758の組成で停まっていました!

クモヤ145-965s
2017.11.10
@吹田総合車両所 京都支所

東側の道路から撮影。脚立などで金網をかわせます。

続きはこちらから↓


 

« »

12 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
運営者について
京都を拠点に、カメラマンやライターを生業としています。フリーランス2年目。詳しくは ランサーズをご覧ください。
Lancers
別館「クモヤドットコム」
HSC46OWCMUAREXj1444618419_1444619527.jpg    クモヤに特化したホームページを製作中。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ