国鉄型@晴天順光。

KUMOYA.com管理人ブログ。85%の出来を!

 

タイガーロープ…どう撮る? Ⅰ

複線区間で編成写真を撮るとき、あると必ずと言っていいほど邪魔になるのが線路の間にある「ポール」と「ロープ」。全国的に設置箇所が増えてきて、撮影する側にとっては本当に困りものですよね。

自分も以前2年ほど富山に住んでおり、よく撮影に出かけた北陸本線ではほとんどの区間にタイガーロープが設置されていて、なんとかしてかわせないかと、いろいろ試行錯誤をしていました。
まあ引っこ抜くわけにもいかないので(笑)、今回は自分なりのロープの処理方法を、書いてみたいと思います。



個人的に、ロープを処理する方法は2つだと思っています。
ひとつは、「広角~標準で撮る」
もうひとつは、「高い位置から撮る」

今回は、ひとつめの「広角~標準で撮る」について解説したいと思います。


作例1
475-235s.jpg
(260mm)

さて、ポール&ロープが設置されている区間の場合、このように望遠で撮影すると圧縮効果でポール同士の間隔が狭くなります。作例のポールは茶色くて細いものなのであまり目立ちませんが、これが真新しい、ピカピカのタイガーロープだったら…ちょっとゾッとしませんか?(笑)

望遠するほど間隔が狭くなるということは、必然的に広角~標準で撮ったほうが見栄えはいいということになります。
では、これはどうでしょうか?


作例2
485-71s.jpg
(90mm)

作例1と違い、90mmで捕らえました。ポールの間隔も広まって、見た目はスマートになったと思います。

ただ一つだけ惜しいのは、先頭車のスカートのちょうど真ん中にポールが写っていること。編成写真で一番目立つのはやはり「顔」の部分ですから、そこにかかってしまうとあまりいい印象ではないでしょう。


では、その辺も意識して修正すると、
作例3
117-28s.jpg
(75mm)

いかかですか?
ひとつポイントとしては、
「先頭車の顔を、ポール1スパンにすっぽり入れてしまう」
ことだと思います。

直線右向きであれば、編成長を目測したら、右から一本目のポールを画面右端より少し左の位置にくるよう構図を調節します。そしてこの右端のポールを切り位置と決めておけば、自然とポールをかわすことができるわけです。


作例4
115-294s.jpg
(135mm)

135mmくらいまでならポール1スパンに顔を入れることができますが、普通の直線であれば75~120mm前後が自然だと思います。インカーブならもっと広角でもいいですね。


※記事中の焦点距離は35mm判換算です。
関連記事

Comments


Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
運営者について
京都を拠点に、カメラマンやライターを生業としています。フリーランス2年目。詳しくは ランサーズをご覧ください。
Lancers
別館「クモヤドットコム」
HSC46OWCMUAREXj1444618419_1444619527.jpg    クモヤに特化したホームページを製作中。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
17位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ