国鉄型@晴天順光。

KUMOYA.com管理人ブログ。85%の出来を!

 

まだtwitterで消耗してるの?(某ブロガー風に)

ここ数年で、撮り鉄の発表媒体はおそらく、twitterが主流になりました(facebookも?)。

ブログなどに比べ、リツイートや「いいね!」機能によって手軽に反響が得られるためでしょうか。自分も2014年頃まで、twitterに写真を上げては通知画面を凝視する…そんなことを繰り返していました。

しかし被写体の注目度、写真の腕、添えた文章、自分のキャラクター…何かがマズかったのか、あまり反響は得られなかった気がします。だから、やめました。
よく考えれば、リツイートや「いいね!」をいくらもらったところで、支持されているという、一時の満足感だけ。成長するわけでも、お金がもらえるわけでもなし。本質的に意味はないでしょう。

しかも、最近は単にリツイートや「いいね!」のために、いかに早く写真をアップロードするか。その合戦になっている気がしてならない。そうだとしたら、非常に薄っぺらい。そんな雰囲気を感じる場には参加したくないです。
皮肉にも、カメラにWiFi機能が搭載されるようになったことで、それを助長していますね。

そんなの、お前の負け惜しみじゃん?ww
…まあ、そうなんですけど。せっかく撮った写真だから、多くの方に見てもらいたいですよ。

けど、仮にtwitterの投稿がバズったところで、それは一過性のものであり、せいぜいひと月もすれば忘れられます。つまり、反響があろうがなかろうが、高速で更新されるタイムラインの中で、どんどん昔のほうへ追いやられるわけです。ちょっと寂しくないですか、それ。

決定的なのは、twitterの写真が検索エンジンにヒットしないことです。
グーグルは今のところ、他と重複しない、オリジナルのコンテンツを上位表示させています。優れたコンテンツはおそらく、ページビューや滞在時間が長くなるでしょう。したがってtwitterのような短文投稿は、明らかに逆行しています。

「今のところ」と書いたのは、今後、順位づけのルールが変わるかもしれないから。もし、SNSで反響のあった投稿を上位表示させるというなら、twitterに戻ってもいいかな、と考えています。

というわけで、今はブログやホームページのみに写真をアップするようになりました。
twitterのようにバズることはなくても、検索エンジン+アーカイブとして蓄積されるので、長期的に見ればたくさんの方に写真を見てもらえるのではないかな、と思っています。

ちょっと長くなってしまいました。今後も楽しく写真を撮っていきたいですね!
関連記事

Comments


Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
運営者について
京都を拠点に、カメラマンやライターを生業としています。フリーランス2年目。詳しくは ランサーズをご覧ください。
Lancers
別館「クモヤドットコム」
HSC46OWCMUAREXj1444618419_1444619527.jpg    クモヤに特化したホームページを製作中。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
11位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ